ラウィンズぷらす ・ソフトウェア開発
・Windowsシリーズ向けアプリ開発

Home SoftwareSupportLinkSitemapAbout
 ホーム > ソフトウェア > dINDEX.2
 Menu
ホーム
ソフトウェア

  dINDEX.2 New !
  eSIMILAR.2 New !
  bSCRIBE
サポート
リンク
サイトマップ
当サイトについて

dINDEX.2


クリックで拡大表示























ソフトウェア名  : dINDEX.2 ( ディー・インデックス 2)
種別  : ファイルインデックス管理ユーティリティ
最新バージョン : Ver 2.10.00
公開日  : 2017/08/25
プラットフォーム : Windows XP(SP2)/Vista/7/8/8.1/10
必須ランタイム : .NET Framework 2.0/3.5 (Vista以降は必要ありません)
ライセンス形態 : フリーウェア
ダウンロード : 
アーカイブ版

(Vector)
1446KByte 任意の場所へ展開して、使用します。前バージョンの環境を引き継ぎたい場合は、dINDEX.cfgファイルをコピーをするか、展開したファイルを上書きして下さい。

オンラインヘルプ : dINDEX.2 オンライヘルプ(Web版) 2017/12/23 更新

ご意見、ご要望
dINDEX.2について、ご意見、ご要望などがありましたら、お気軽にお寄せ下さい。今後の機能改善、機能追加などの参考にしたいと思います。






概要

dINDEX.2 はファイル管理の円滑化を目的としたファイル管理ツールです。異なるフォルダに散らばった関連ファイル等を独自のグループで管理することにより操作性を向上させることが可能です。

特に複数ユーザで共有しているファイルまたは、ネットワークで管理されているファイルで、ファイルの移動、フォルダ変更など制限されているファイルを閲覧、管理するのに適しています。


主な特徴

  • 異なるフォルダに存在するファイルを同一フォルダアイテムへファイルアイテムとして登録し、ツリー形式で管理することができます。
  • アイテム名に独自の名前を付けることにより、管理がしやすくなります。
  • アイテムにコメントおよび説明など、メモを記録できます。
  • 登録したファイルアイテムの起動および他のアプリへのドラッグ&ドロップ等の操作ができます。
  • 複数ユーザで共有しているファイルまたは、ネットワークで管理されているファイルなど、移動およびフォルダ変更等が勝手にできないファイルを管理するのに向いています。
  • フォルダアイテム内のフォルダ構成およびファイルの同期をとることができるシンクフォルダ機能があります。 シンクフォルダ機能を使用すれば実際のフォルダ、ファイルの変更等およびファイルの追加、削除をチェックすることができます。
  • アイテムに登録されるファイル、フォルダは、すべて参照となりますので、実際のファイル、フォルダへの操作(移動、削除など)は行いません。

dINDEX.2で追加された機能

  • 同時に複数のデータファイルを開くことが可能になりました。
  • アイテムリスト、検索、アイテム情報、検索結果、更新チェック、プレビュー、チェックマークの各ウィンドウはドッキングウィンドウにより、自由にレイアウトすることが可能になりました。
  • 実在のフォルダパスを直接参照するリンクフォルダ機能を追加しました。参照のみが目的の場合に使用します。
  • クラスごとの振り分けを可能にするクラスフォルダ機能を追加しました。アイテムにクラス情報を設定することにより、条件に一致するアイテムのみ表示することができます。
  • 共通データタイプを追加。共通データタイプを使用することで、同じパスを持つアイテムへの変更を全て同じにすることができます。
  • イメージファイル、テキストファイルを参照するプレビューウィンドウを追加しました。標準イメージファイル(BMP、JPEG、PNG)を表示することができます。
  • イメージファイルのイメージチップ表示機能を追加しました。マウスカーソルをイメージファイルに合わすことにより、イメージチップを表示することができます。
  • イメージファイルをリンクして表示する機能を追加しました。フォルダ、ファイルアイテムにイメージファイルをリンクすることにより、イメージチップを表示することができます。
  • SUSIEプラグインに対応しました。SUSIEプラグインを登録することにより、その他のイメージ形式をプレビューウィンドウおよび、イメージチップに表示することができます。
  • アイテムへの変更、状態などの情報を表示するアイテム情報リストを追加しました。アイテム情報を確認することができます。
  • 検索機能に一括で検索を行う機能を追加しました。一括、全検索で抽出された結果は検索結果リストで確認することができます。
  • アイテムの更新チェックで抽出した結果を表示する更新チェックリストを追加しました。アイテムの更新状態およびシンクフォルダでの新規アイテムの確認を行うことができます。
  • USB、SD、Disc、外付けHDDなど、ドライブパスの変更、ファイルの移動などでパスが変わる可能性のあるフォルダの場合に相対パスで、データを保存を行う、ポータブルモードを追加しました。
  • フリーバージョン移行につき、シンクフォルダ機能はフリーで使用可能になりました。

仕様変更により廃止された機能

  • フリーノートは廃止になりました。
  • ツリー表示部はフォルダアイテムのみとなり、ファイルアイテムの表示は無くなりました。
  • アイテムリストウィンドウは、一つになり、複数リストウィンドウは廃止になりました。

本ソフトウェアについて

本ソフトウェアはフリーウェアです。使用において試用期限等の制限はありません。

サポート

ソフトへのお問い合わせは、support@lawinsplus.comへお願いいたします。

更新履歴

2017/08/24 Ver 2.10.00 eSIMILARから機能の導入(リストウィンドウの表示項目の選択処理、ウィンドウレイアウトの初期化処理、ウィンドウ表示メニューチェック、ツールバーエンド処理、サムネイル表示処理)
ドッキングウィンドウのウィンドウサイズの調整処理の変更。ドッキングウィンドウの自動的にウィンドウを隠すモードの仕様変更。既存の自動表示を行う設定およびアニメーション表示の設定をコンテキストメニューに追加。
新機能追加によりリストウィンドウのデザインを変更。
設定メニューにアイテムチップ表示設定を追加。
プレビュー行う対象ファイルを制限。
クラスリストのウィンドウタイトルの変更。
初期ウィンドウレイアウトに戻す機能の追加に伴い、初期のウィンドウレイアウトを変更。
パスサーチでシンクフォルダのサブフォルダパスも変更してしまう不具合の修正。
プロパティウィンドウでフィルタ設定ボタンを押すと、dINDEXがハングする不具合(Ver.20700での修正ミス)を修正。
検索ウィンドウがタスクバーに表示されない不具合を修正。
ファイル名が大文字のZipファイルの展開ができない不具合(Ver.20900での修正ミス)の修正。
Zipファイルの展開先の選択でフォルダパスが反映されない不具合を修正。
リストウィンドウ以外のリストウィンドウの更新日時の項目幅が保存されない不具合を修正。
2016/04/25 Ver 2.09.00 アイテムパスのサーチ機能を追加。
リードフォルダ、アイテム更新チェックのキャンセル時の終了処理を変更(無条件にダイアログを閉じる)
ヘルプメニューにオンラインヘルプの呼び出しを追加。
リネームチェックで複数の同じ作成日時のパス、リンクに対するステータスメッセージを追加。
バージョン仕様をプログラムバージョン、データバージョン、システムバージョンに分離。
各情報リストウィンドウで項目毎のツールチップを表示する様(アイテムリストウィンドウと同仕様)に変更。
Ver.2.07.00の開発環境の変更時に一部のダイアログ設定が未設定になっていた不具合を修正。
コンフィグファイルのバージョンが更新されず、バージョン判定ができなくなっていた不具合を修正。
データ保存時、アイテム更新フラグのクリア処理が遅くなる不具合を修正。
データバージョンの設定を変更。
2016/02/29 Ver 2.08.00 リネームチェック機能をアイテムの更新チェックに追加。ファイル、イメージリンク、フォルダがリネームチェックの対象となります(旧データは再度、保存が必要)。
データファイルの読込み時にリネームチェック及びリネームチェック情報をアイテムに更新チェックウィンドウへ取得を行う設定をオプションに追加(デフォルトで有効)。
データファイルの読込み時にルートフォルダから全アイテム情報の取得を行う設定をオプションに追加(デフォルトで有効)。
dINDEXの起動時のアップデートチェックのエラー処理の変更。Webに接続できない場合でもエラー表示しない。
ルートフォルダを通常フォルダと共通設定に修正。その他、表示、メッセージ等の修正。
ファイル更新日時の処理カテゴリーを共通データから除外。
アイテムリスト、各ステータスウィンドウのファイルタイプの表示形式の速度改善(Ver2.05.00以前に戻す)及び、サイズ表示形式の変更。
dINDEXの二重起動禁止が無効になっていた不具合を修正。
初期コンテキストメニューの表示位置がずれる不具合の修正。
ファイルプロパティでポータブルモード、パーソナルモードが設定できない不具合(移植ミス)を修正。
メモ、ノートのウィンドウ情報が保存されない不具合(移植ミス)を修正。
オプション設定の変更アイテム表示設定、強調表示を有効時、特定の複数アイテム変更処理を行うと、処理が異常に遅くなる不具合を修正。
複数のアイテム情報を切り替えた際にタイトルのアイテム情報名が変更されない不具合を修正。
オプションの設定時に余分に設定処理が実行されてしまう不具合を修正。
アイテムの更新チェックで個別グループフォルダアイコンの更新チェックマークが表示されなくなる不具合を修正。
ファイルダイアログの初期選択状態の不具合を修正及び改善。
複数アイテム選択時、ツールバーチェックマークのセット/クリアボタンが有効になることがある不具合の修正。
クリップボード関連で例外が発生する不具合を修正。
ファイル日時の表示形式を修正。
2015/11/05 Ver 2.07.00 ZipファイルのZipリンクフォルダ機能の追加。チェックアイテム時にイメージリンクのチェックを行う処理を追加。
リードフォルダ時にグループフォルダに設定されたフォルダパスを実フォルダへのパスとする仕様に変更。
クラスフォルダの階層処理を追加および、全サブフォルダ、ファイル結合判定処理を追加。
メインウィンドウに対する各ウィンドウのプライオリティ設定を変更。
選択フォルダおよび、ファイルアイテムの履歴機能を追加。
グループフォルダに編集メニューのエクスプローラで開く用フォルダパス設定機能を追加。
チェックマーク機能に複数のアイテム設定機能の追加およびチェックマークウィンドウのチェックマークのクリア機能の追加。
ファイルヒストリー中のロードできないファイルをファイルヒストリーから削除できる様に機能を追加。
更新アイテムの表示形式に強調表示の追加および更新カラー表示のオン/オフ機能の追加。
オプション設定にデータファイルの保存時に更新アイテムクリアの設定、dINDEX終了時にデスクトップを保存の設定を追加。
クラスフォルダ専用のクラスリストウィンドウを追加。
メモ、カラー指定、フォルダアイコンの設定状態を各メニューへ表示する様に変更。
起動時のdINDEXデータロード処理の見直し。アイテムリストウィンドウの複数アイテム選択時の操作系の見直し。
フォルダの読み込みで、ファイル数のチェック中に、キャンセルを設定しても処理が継続されてしまう不具合を修正。
コピーしたクラスフォルダがシンクフォルダに貼り付けできない不具合を修正。
シンクフォルダ内のクラスフォルダでフォルダパスの変更メニューが有効になる不具合を修正。
シンクファイルアイテムのパスが変更可能になっていた不具合を修正。
アイテムリストウィンドウでのアイテムステータス表示の同期がとれなくなっていた不具合(Ver.2.06.00修正ミス)を修正。
ファイルアイテムの登録時、クラス設定がされない不具合を修正。
イメージリンクの設定判定ができない不具合を修正。
アイテムのドラッグ&ドロップ終了時にドラッグ&ドロップリストのクリアができていない不具合を修正。
クリップリストウィンドウのリストのカラム幅が保存されない不具合を修正。
エクスプローラで開くで、フォルダ名と実行ファイル名が同じ場合、実行してしまう不具合を修正。
編集メニューでグループフォルダ内のコピーしたシンク、リンク、クラスフォルダが同一フォルダに貼り付けできない不具合を修正。
データファイル間のアイテムのコピーで、共通データが有効になってしまっていた不具合を修正。
Win8/8.1/10用.NET3.5対応Configファイルを追加。その他、操作系の修正。
2015/07/06 Ver 2.06.00 ファイル専用ユーザー指定のファイルアイコンの設定機能(ファイルメニュー:ファイルアイコンの設定)及び、ファイルアイコンの選択機能を追加。
オプション:アイコン設定のUI、その他オプション設定、クラス設定のUIを変更。
オプション:アイコン設定で、ユーザーフォルダアイコンに変更されたシステムフォルダアイコンを元のシステムフォルダアイコンに戻せない不具合(Ver2.05.00修正ミス)を修正。
オプション:クラス設定が編集モードにならない場合がある不具合を修正。
ファイルサイズが大きい画像ファイルのサムネイル表示を連続で行うと、ハングする場合がある不具合の対策。
2015/06/15 Ver 2.05.00 ユーザー指定のアイコンファイルデータをdINDEXデータファイルに付加し保存する仕様に変更(保存後、ユーザーアイコンファイルを必要としません)。
フォルダアイコンの設定メニューにロード済ユーザーアイコンとユーザーアイコンのロード機能を追加しました。
1KByte未満のファイルサイズの表示を補正しました。
Windows8/8.1の内部、NET Framework 3.5の使用設定が無効になってしまっていた不具合を修正。
オプション:アイコンの読み込みで複数選択が可能になっていた不具合を修正。
2015/03/20 Ver 2.04.00 アイテムの一時登録ができるクリップリストウィンドウを追加。
グループフォルダのアイコンの選択およびフォルダアイコンの設定機能を追加(オプション→アイコン:基本項目アイコン及びユーザー指定アイコンを登録できます)。
テンポラリパス、アプリケーションパス、ユーザーアイコンパス、SUSIEプラグインパスがdINDEX起動フォルダ内の場合、各パスを相対パスで保存します。
グループフォルダの読み込みのサブ項目に、グループフォルダでフォルダのみ登録、シンクフォルダでフォルダオンリーで登録を新規に追加。
起動時、dINDEXバージョンと、読み込みコンフィグファイルとのバージョンの整合性チェックを追加(dINDEXバージョンが古い場合は起動中止となります)。
デスクトップの保存と復元機能を追加。起動時に前回終了時に開いていたデータファイルをロードします。
パーソナルモード設定のデータファイルの保存フォルダチェック処理を追加。
urlショートカットのアイコンを個別に取得する様に修正。
メニューのアイテムの追加→グループファイルでショートカットファイルを取り込める様に修正。
dINDEX起動時に複数のdINDEXデータファイルの読み込みで読み込みファイルのパス表示が変わらない不具合を修正。
コンテキストメニュー表示時に無駄に選択処理が呼ばれる不具合を修正。その他UIの改善、バグ修正。
グループフォルダの読み込みのサブ項目でリンクフォルダで読み込みを指定するとハングする不具合(Ver.2.03.00修正ミス)を修正。
2015/02/23 Ver 2.03.00 フォルダからの読み込み、リンクフォルダ登録、シンクフォルダ同期チェック時にフォルダの読み込みでエラーが発生した場合、アクセス不可フォルダ情報を付加してフォルダのみ登録し、処理を継続する仕様に変更。
dINDEXデータファイルの読み込み時、アイテム情報の更新フラグを設定しない仕様に変更。
ドラッグ&ドロップおよび、ショートカットからdINDEX起動で複数のdINDEXデータファイル(.dix)の読み込みに対応。
アイテムカラー情報を共通データからアイテムデータへ移動(機能改善の為、仕様を変更)。
dINDEXバージョンと、読み込みdINDEXデータファイルとのバージョンの整合性チェックを追加(dINDEXバージョンが古い場合は読み込み時にエラーとなります)。
ファイルプロパティに読み込みdINDEXデータファイルのデータバージョンの表示を追加(データバージョンは保存時のdINDEXバージョンとなります)。
ファイルアイテムおよびシンクフォルダのパス変更の処理後、全アイテムの表示を更新する様に修正。
フォルダアイテムのアイテム表示でエラーが発生すると、アイテムリストウィンドウの表示ができなくなる不具合を修正。
リンクフォルダをアクセス時、新規に作成されるリンクフォルダ、リンクアイテムが独立データモードになっていない不具合を修正。
アイテムの更新チェック時、同一パスのフォルダアイテムが複数あると、更新チェック情報の反映漏れが発生する不具合を修正。
アイテムのエクスポートを行うと、dINDEXデータファイルの更新フラグがクリアされてしまう不具合を修正。
2015/02/09 Ver 2.02.00 リンクフォルダ、シンクフォルダのパス変更時、変更先パス内にイメージリンクされたアイテムが含まれる場合の変更処理を追加。
ポータブルモード保存時の相対パス変換判定の不具合を修正。その他、特定のファイルパスが変換できない不具合の修正。
2015/01/26 Ver 2.01.00 オプション(システム)設定にフォルダウィンドウのフォルダ一行選択設定を追加。これに伴い、イメージチップの表示処理の仕様を変更。
フォルダウィンドウからアイテムリストへマウス右ボタンでドラッグ&ドロップすると処理メニューが表示されず、すべてコピーになる不具合を修正。
ドラッグ&ドロップ処理でコピー不可のフォルダへアイテムがコピーができてしまう不具合を修正および、ドラッグ&ドロップ仕様の見直し。
データファイルが複数オープン時、オプション(システム)設定の変更が、アクティブ中のデータファイルにしか反映されない不具合を修正。
シンクフォルダのパス変更処理の不具合修正および改善。フォルダを新規作成時、アイテム情報が新規ファイルになる不具合を修正。
2015/01/05 Ver 2.00.06 1)チェックマーク設定時のアイテム変更情報を追加。
2)イメージのデコードエラーをプレビュー画面、イメージチップ画面内に表示するように変更、その他バグの修正。
2014/11/17 Ver 2.00.05 チェックアイテム時に同一ファイルを別ファイルと誤認識し、アイテムが2重登録されてしまう不具合の修正及びファイルパス処理の仕様を変更。
Drag&Dropでファイル/フォルダの読込時に対象ウィンドウが非アクティブの場合、読込終了後にdINDEXが強制終了してしまう不具合の修正。
リンクイメージの貼り付けメニューの修正。間接コンテキストメニュー処理の不具合の修正。アイテムチェック制御UI修正。表示メッセージの修正。
2014/08/18 Ver 2.00.04 起動直後の初期ファイル’無題-1’にチェックマークを設定すると、チェックマークリストに表示されなくなる不具合を修正。
2014/08/03 Ver 2.00.03 編集メニューの’規定カラーにもどす’、’更新属性のクリア’、’チェックマークの一括クリア’を間接選択でコンテキストメニューから実行した場合に、エラー終了してしまう不具合を修正。
2014/05/04 Ver 2.00.02 クラスデータの初期値及びメッセージ等の修正。
バージョン情報の最終作成日が今日の日付になってしまう不具合を修正。
2014/04/28 Ver 2.00.01 メインウィンドウへのDrag&Dropでデータエラーが発生した場合、メインウィンドウが応答不能になる不具合を修正。
フォルダウィンドウ、アイテムリスト以外のドッキングしているウィンドウへのファイルのDrag&Dropを不可に修正。
2014/04/24 Ver 2.00.00 公開




Copyright © 2007-2017 Lawinsplus all rights reserved